2018年04月24日

仕事 9日目



 こんにちは 今日は8時30分から11時10分まで


大分作業に慣れてきたけれどちょっとしたことで怒られてしまいました



昔の自分ならしょげていたけれど仕事は仕事と割り切ってできているから いまは反省はするけれど悩まないことにしてる



反省することって大切だけれどそれ以上に悩まないことの方がもっと大切だって思う



前も書いたかもしれないけれど作業を教えてもらうというよりは見て学ぶところが多い 



そこが自分には合っていると思っていて答えがない方がこころに余裕ができる



こうしなくちゃいけないというのはあるけれどこういう形だけっていうのがないから 



現代人は1つの形に囚われすぎだと感じていて 別の形があったっていいと思うんだ



例えば主夫なんかいい例で 女性が社会で働いて 男性が家事 育児などをするなんて形があっていいし 別に恥ずかしいことじゃないと



思う うちは共働きだったから家事なんかは料理含め全部できるけれど それが原因で統合失調症になったから共働きのいい面と悪い面が多少



なりともわかっているつもり



いい面は経済的にかなり安定するかそれ以上になること 悪い面は精神的に安定しなくなるか病気になってしまうということ



働いている立場から見解を述べているわけではなく 共働き家庭で育った子供(自分)目線の見解です 上記は



僕はよく母親から仕事のストレスのはけ口にされていたのでそのような立場の人の気持ちに共感します



父親は出張や飲み会などでよく家を留守にしていたので誰にも相談できず保育園 小 中 高 専門 統合失調症になるまで誰にも相談せず



生きてきました 相談しないで一人で解決することが強さだと思っていました それも一種の強さではあるけれど誰かに相談することもまた別の



強さなんだって相談できて初めて気づきました



今現在も共働きではあるけれど 何も昔とは変わっていないけれど 僕自身が料理もできるようになり家事もできるようになったことで表面では



なく家族という形の内側が変わりました なのでいまは充実しています



誰にも相談できないならある意味一種の強さを身につけなければいけない



それは自殺しないと決めること 自分で命を絶とうとしないこと それだけでいい 



そうすれば嫌でも現実と向き合わなくてはならないから



今生きているってことはそういうことのように思える












posted by こへちろ at 17:21| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

進みたい道

 
 おはようございます 今日は8時30分から12時までの予定


僕は今やりたいことがあってそのための準備をしています



準備といっても目に見えるような準備はもちろんのこと 目に見えないような準備もしていて 



目に見える準備とは仕事して金を稼ぐこと 目に見えない準備とは生活リズムを整えたり資格の勉強をしたり料理をしたり



すぐに結果がでないからこそ 途中で放り投げたくなるけれどそれでも続いてきたことが自分にとって役に立つものじゃないかと思ってる



統合失調症になる前から続けていたことで続いていることは料理と絵を描くこと



だから仕事も料理関係なので充実しているし プライベートでも絵を描いたり 料理したり 資格の勉強したり 充実してる



楽しいわけではないけれど



統合失調症になって苦しかったけれど 何かを続けていたからこそ乗り越えられたと思っている



仕事は働いた分 金がもらえる つまり対価があるけれど プライベートや勉強は対価が必ずあるわけではない



要は結果が出るまでに時間がかかるものは一気に進めるわけではなく 毎日こつこつ積み上げなくてはならない



そうして進んで行くしか道はないと思ってる だから毎日できることをやるだけ



何をしたいかが明確になっているといまの自分に必要なものが見えて来る 



明確にするにはやはり何か一つなんでもいいから続けてみることではないかと思う



 僕はイラストの専門学校へいくと決めているので それに合わせて現実面も精神面も整えていくつもり



















posted by こへちろ at 06:24| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする