2018年05月07日

仕事 22日目 僕自身の恋愛観


 今日は5時30分〜11時まで



恋愛観といっても人それぞれだけれど




恋愛というのは男女が慕い合う関係で




一般的にはデートしたりあんなことやこんなことするわけだけど




よく街を歩いているとカップルを目撃する




手をつないだりイチャイチャしたり




悪いことでは全然ないのだけれど




街を歩いているカップルはすべて同じに見える




お似合いのカップルを街で見たことがない




カップルの延長線上で子供を産んだ夫婦は見たらなんとなくわかる




なぜなら大多数の子供を連れた夫婦が同じように見えるから




どこが似ているかそれは若い とにかく若い



そして言葉ではうまく表現できないのだけれど



カップルの延長線上の夫婦と お似合いの夫婦はみればわかる



 ここからは僕の想像でお話しするけれど




世間一般的なカップルというものは傷を舐め合う関係だと思う



寂しいから誰かと一緒にいてその寂しさを紛らわす



心の空白を誰かで埋めようとする行為がカップルを作っているように思う



だから同じように見える




本来人間関係は自分あってのものだと思っているから、他人で心を埋め合わせるのは好きじゃない




人間関係の延長線上の夫婦



カップルの延長線上の夫婦




はまったく違う



ここでいう人間関係というのは一人の寂しさを自分で解決しようとする人同士の関係




つまり他人ありきの自分 ではない人同士の関係




心の寂しさは自分が創り出しているものだから本来他人が埋められるものではない



大多数のカップルはただ寂しさを感じないようにごまかしているだけ




ごまかしているということは形に囚われているということ



カップルという言葉だけの うわべだけのかたちに



自分自身が感じる寂しさは本来自分と向き合うためのものなのに




それを感じないように他人という絶対はまらないパズルのピースをはめようとするから




うまくいかない



というよりうまくいかないのは当たり前



それじゃないから




はめられるのは自分というパズルのピースだけ




それがわかっている人同士の関係はカップルなんて言葉だけのかたちでは表現できない




自分を大切にできない人間同士が付き合ったらバランスが取れないのは当たり前だし




そんなの付き合わなくたって考えればわかること



なぜなら自分を大切にしないということは他人も大切にしないはずだから




それが依存というかたちで現れるのではないかと考えていて




街じゅう依存関係で溢れかえっている



だから同じように見えるのだと思う




僕は今日で24歳だけれど恋愛をしたいとは思わない



傷の舐め合いとか普通の人間関係でも嫌だ




 僕はいままでで一人だけ印象に残っている女性がいて



今年出会った女性なのだけれど、その人の印象がいまでも忘れられない




外面がモデル見たいなわけではないけれど、雰囲気が大人びていて 落ち着いているひとだった 



初めて人を内面でいいなと思った



どこかはいえないけれど働く場所を選んでいるときの出会いだった




その人は周りをよく見ていて いろいろ教えてくれたのだけれど




自分があるなって印象の方だった



そして何より近くに居るだけで落ち着けて リラックスできた




たった数日間の間だったけれどすごく濃い時間が過ごせたと思っている




残念ながらそこで働くことは辞退させていただいたのだけれど




初めてまた会いたいなと思える女性に出会えた




その人がいる仕事場の次に選んだ仕事場がいまの会社




正直そこで働けばその人がいる時間を過ごせたのではと思ったけれど




あくまで仕事場だし 仕事に集中できなくなるのが嫌だった




だから辞退していまの会社を選んだ



いまの会社は自分に合っている 



僕は仕事は仕事と一つのことに集中したいタイプだから



いまの働かせてもらっている会社の前にいった会社ではうまくいかなかったと思う




好きなのかよく分からないけれどその人がいると自分が自分らしくいられる気がした




すごく会いたいってわけじゃなく このまま一生会えなくてもいいけれど




会えてよかったそう思える女性に出会えたことはとても幸せなことだと思う




物事がうまく行き始めたのもその女性に会ってから




短い間だったけれど自分を成長させてくれた




そしていろいろなことが学べた




会えただけで嬉しかった




そう思えるのも自分軸で生きているからかな




僕はお互いが成長し続けられる関係が夫婦だと思っている



縁というものはかたちに囚われないものだとも思っている



きっと出会えただけで幸運なことなのだと思う




                                     以上




























 

















posted by こへちろ at 12:57| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする