2018年05月18日

仕事 33日目 ありがとうと感じる時


 ありがとうと感じる時はどういう時だろうか




何かしてもらったときひとはありがとうと言葉に出す




だけれどそれは何か自分の求めているものを満たしてくれたときに出る言葉でしかない




本当にこころからありがとうという気持ちになるときは




自分で気づいていなかった部分を満たしてくれたとき




意表を突かれることにひとは感動しやすい




そしてこころに響きやすい




ありがとうという言葉は不思議な言葉で




ひとのこころの隙間を埋めてくれる




いやこころを満たしてくれるといってもいい




本当のありがとうとは打算で手に入るようなものではない




ありがとうという言葉は本来もらうものではない





与えるものである





いつの時代も変わらないものは優しさで





ありがとうという言葉は最上級の優しさだと思う




してあげて返って来るありがとうはいつも返って来るとは限らない




だから思いもしなかったありがとうはすごくこころに響くしこころに残る 




言葉のありがとうも行動のありがとうも同じもの




行動のありがとうとは寄り添うこころから生まれる





その人の立場になって考えることが本当のありがとうを生み出す




だからありがとうは本来返ってこないもの




だけれど本当のありがとうは思いもしないときに返って来る



こころからありがとうと感じれたのなら




それはいつか自分が与えたありがとう




返ってこないけれど返ってくるものそれがありがとうという言葉であり行動である





 generationsの「空」という曲 いい曲だと思って何回も聴いています   




                                            以上






































posted by こへちろ at 16:55| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする