2018年05月24日

39日目 慣れ

 

 慣れというものは不思議なもので




慣れるまでは大変なのだけれど慣れてしまえばどうってことないもの





前まで出来なかったことが出来るようになる過程では意識していても




出来るようになったら意識していないのは本当に不思議




それが気づいたら出来るようになっていたということなのだろう




だから過程ってのはものすごく大切なんだと思う




だって気づいたらゴールしていたってすごく損な気持ちになる




例えるなら埼玉〜北海道まで飛行機で行くか電車やバス、フェリーで行くかという例え




飛行機なら目的地まで直行で行けるけれど乗り物を乗り継いで行くとなるとどうしても時間がかかる




目的地まで最短時間で行くのか それともゆっくり過程を楽しみながら行くのか




それを決めるのはひとそれぞれだけれども



どうせなら道中をじっくり味わいたいと僕は思う




ひとはどんなことにも慣れることができると言える




慣れることができなかったのは途中で止めてしまったから




慣れるということは今まで目標が目の前にあったのに




いつの間にか消えてしまっている





まるで霧のようなもの




目標が目標でなくなるということかな




いずれにせよ慣れというものはあるようでないようなもの




だから振り返ってみて今こうしていられるのはあのようなことがあったからだなと思えるなら





慣れる過程をしっかり踏んできたということだと思う




                               以上



























posted by こへちろ at 16:57| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする