2018年05月28日

42日目 ひとは何かの歯車になっている


 ひとはみな何かしらの歯車になっている




家庭の歯車になっていたり 会社の歯車になっていたり




その人の立場によって歯車の形は変わる




歯車というのはあくまで全体を支える部品の一部であり




そのもの自体は大きな力を持たない




大きな力を持つのはあくまで歯車の集合体であって




歯車ひとつでは何の役にも立たない




例えば夫が働いていたとする



そして妻は家で家事をしている




この家族を例にとってみると




夫は生活費を稼ぐために会社で働いている




妻は夫をそして家庭を内側から支えるために家事をしている




この場合全体は家族であり家庭である




全体を支えるために夫はお金を稼ぐという歯車になっており




妻は全体を支えるために家事をするという歯車になっている




そしてどちらかがいなければ全体としては成り立たなくなる




なぜなら全体というのは歯車の集合体であるから




一個人 ひとつの歯車では全体を動かすことはできない




これは絶対である





歯車 ひとつひとつには役割がある




そのひとつひとつが組み合わさって初めて全体が全体として機能する




何かが欠けるということはその欠けた部分を何かで補わなくてはいけない




会社を例に出すと




誰かが辞めたとなればその人の与えられていた仕事を誰かがやらなければならない




要するにひとつの歯車に対する負荷が重くなることを意味する





歯車とはすなわち役割である




仕事とは何かを支えることであり それが誰かの役に立っている




仕事に 立場に本来 大きさなどはない




小さかろうが 大きかろうが何かの一部であることには変わりはない



凄さとは数であり 質とは深さである



歯車が多ければ多いほど全体を大きく動かすことができる




そして歯車が少ないけれどもそのひとつひとつの質が高ければ




数を質で補うことができる



ひとは必ず何かの一部になっている




そのことを忘れているひとが驕りたかぶる




自分が歯車の一部ではなく全体であると思い始めたら




大切なものを忘れかけている時だと僕は思う




ひとはどこまでいっても どんなに偉くなっても どのような立場であっても




何かの歯車という一部分であるということを




忘れてはいけない



                             以上














posted by こへちろ at 18:23| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする