2018年06月07日

52日目 だんだんひとを好きになる

 
 最初はどうも思っていなかったのに




会う回数が増えるたびに妙な親近感を覚える




ひとは会えば会うほどその人を色々な意味で意識するようになる




この人にどう接しようだとか あの人にどう思われているのだろう とか




心の中ではどうでもいいと思っていても






どうでもいいと思っている時点で





意識しているということになる




ぶっきらぼうでも すかしていても 一人が好きでも




どんな人間であれ常に他者を意識していることは事実である




初対面からその人のことを好きになるという恋愛感情は長くは続かない




要するに見た目でひとを判断しているうちは何も続かない




恋愛であれ 通常の人間関係であれ




ひとを知ることは本来時間のかかるもの




最初の印象が悪くても だんだん時間が経つにつれ





その人のいい部分と悪い部分を知っていく




そうしてひとは他者を好きになったり 他者に対していい印象を抱くようになる




逆に最初の印象が良くても




時間が経つにつれ そのひとを嫌いになっていくこともあるが




それは仕方のないこと




だんだんひとを好きになるということは




その人のことをもっと知りたいということ





だからひとは付き合うのだし




恋愛をするのだと思う




恋人が欲しいと言っているのはそもそも知りたい対象がいないのに




付き合いたいと言っているだけ




それは言葉を変えれば誰でもいいから付き合ってと言っているようなもの




ひとを知るには時間がかかる




そして本来ひとを好きになるということも時間のかかること




だから好きという感情 恋愛したいという感情 恋人が欲しいという感情は




時間をかけた人間関係の中から生まれるものが正常であると僕は思う





                                        以上 












posted by こへちろ at 16:21| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする