2018年06月08日

53日目 疲れているときほど


 疲れているときほど人は普段やらないようなことや





我慢していることをしたくなる





普段は理性で抑えていることでも疲れているとついつい抑えることをやめてしまう




疲れているということは単純に体力がなくなっているということ





疲れているときは寝るのが一番なのだが





疲れて どうでもいいことに時間を割く そして時間を無駄にしたと嘆く





その後またどうでもいいことに時間を使う






そのような負のスパイラルに嵌ると知らないうちに無気力になっていく





疲れてくるとどうしても時間の使い方が荒くなる





そして寝ること自体が勿体無く感じてしまうが




実は寝た方が体力も回復するし





時間を無駄なことに割くことも少なくなる





当然と言えば当然のことだけれど





そんな当たり前のことができないひとは多いと思う





特に時間に追われているひととかは





休める時間ほど休むこと以外に時間を割く傾向がある





疲れたらもういっそのこと何も考えず寝る





そしてやるべきことをやればいいと思う




疲れているのにやるべきことをやろうとすることは





長い期間で見ると効率が悪い




だからまず寝て体力を回復させることが何よりも先決である




その後でもやるべきことはできる





むしろそちらの方が効率がいい




最近そのように思うようになった





だから疲れたらまずはすぐ寝ることを意識していこうと思う




                                      以上



























posted by こへちろ at 18:44| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする