2018年06月12日

57日目 毎日同じことの繰り返し


 毎日働いて 飯を食べて シャワーを浴びて 寝る





そんな日々を送っていると毎日が同じことの繰り返しで





つまらなくなってゆく





変化がないということは少なくとも生活が一定であるということになる





同じような日々が続けば続くほど





変わることに対して臆病になっていく





変化を取り入れることによって今までの環境は変わる





変わるということは周囲との軋轢を生じさせるということ





今まで仲が良かったのに 今まであんなに親切にしてくれていたのに




急に態度が変わったというのはよくある話





例えば仕事を始めて一週間で辞めるのと 三年働いて辞めるのとではわけが違う




前者は歯車がかみ合う前 後者は歯車がかみ合っていて一見必要不可欠のように見える





何が言いたいのかというとひとは周囲と自分がかみ合い始めれば始めるほど





周囲と馴染めば馴染むほど変化を恐れるようになるということ





今という日常が安定すればするほど





怯えなくて済むし 何かに追われるということも少なくなる





ただひとは常に変化を求めている存在であると思うし





安定に身を置いているとあとは死を待つのみであることを無意識に知っているのだと思う





毎日につまらなさを感じているのならあなたは心の中で変化を求めているということ





そして同じことを繰り返すことで気づくこともあるし 見えてくるものもある





その一方で同じ生活を繰り返すことでひとはいい意味でも悪い意味でもその生活に慣れてしまう





なので周囲に流されるのではなく




自分で考え 自分で決断して毎日を繰り返すべきだと僕は思う






                                       以上




















 






















posted by こへちろ at 15:26| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする