2018年06月15日

60日目 ひとの本音はわからない

 
 ひとの本音というものは本当にわからないもの





表面上ニコニコしていても内心どう思っているかはわからない





笑っていても 怒っていても 泣いていても 喜んでいても 苦しんでいても





結局本人しか本当の感情はわからない





もしかしたら表面上は怒っていても 内心はそうではないかもしれない





そして怒っているのではなく何をしても笑っている人ほど怖い人はいない





そのような人は何を考えているのか見当もつかないし




怒る境界線を探ることも難しい




そしてそのような人が怒る時というのは大抵通常の人間には理解できない場面である





そんなことでと思うかもしれないけれどその人にとってはそこが怒りの沸点であるのだし






逆に通常の人間がそこで怒る場面はそのひとにとっては怒るに値しない状況かもしれない





人は持っている価値観も違えば 育ってきた環境も違う





親に虐待を受けて育った人 学校でいじめられて引きこもりになった人 





親に大切に育てられた人 友達に囲まれて育った人





色々な人がいる





そしてたくさんの価値観が存在するこの世界で




本音を晒せる人というのはほんの人握りだと僕は思う





本音というものは自分からみせない限り他者にはわからないもの





なので大抵の人には表面上合わせておけばいい




本音はわからないからこそ表面上愛想良くできるのだし





笑っていられる




結局他人の本心などどうでもいいのかもしれない





だから本音がわからないからこそ仕事や世間 そして世界はまわってゆけるのだと僕は思う




                                               以上



























posted by こへちろ at 16:39| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください