2018年06月17日

61日目 でるところはでて 譲れないところは譲らない


 世の中には大抵のことは笑って流してくれる人が存在する




そしてそのような人を怒らせる人も存在する





馬鹿にされても 笑われても 舐められても





いつも笑っている





この人どんな状況に出くわしたら怒るのだろうという人も存在する




そのような人は譲れない何かを持っているのだと僕は思う




そしてその譲れない何かを汚された時初めて表面に怒りを表す





大抵のことは笑っていられるのも





その譲れない何かが自分の人生を支えているから




人は何か自分の中で譲れないものを持つと強くなる





なぜなら何が自分にとって大事で 何が自分にとって不必要なのかが見えてくるから





譲れないものというのはわかりやすく言えば自分なりの価値観であって物質的なものではない





要は自分なりの軸があるひとはそれがあるからこそ笑って流せるのだし






そう簡単に怒りを表現することはない





ただ自分の本質的な部分が汚されるようなことがあればはっきり意思表示するし





そう簡単に引き下がるようなこともしない





何かあればすぐに態度に出すひとというのは余裕がない





なぜなら譲れないものを持っているわけでもなく 自分なりの価値観がはっきりしているわけでもないから





そしてそれは心に余裕がないということ




ひとは自分なりの軸を 価値観を持つと どうでもいいことに時間を割きたくなくなる





だからこそ笑って流せる余裕ができるのだし




むしろ自分に残された時間をどのように使うかを必然的に考えるようになる




そしてひとは譲れない何かを持って初めて自分の人生を歩み始めるのだと僕は思う






                                                 以上































posted by こへちろ at 16:03| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください