2018年06月18日

62日目 世の中の仕組み

 
 世の中の仕組みというのは案外単純





ひとというのは食べて 排泄をして 寝て 起きての繰り返しが生活の基本になっている





そしてそのような暮らしをおくってゆくには働いてお金を稼がなければならない






単純にお金があれば生活水準のレベルを上げることが可能になるし





お金が少なければ生活の質を低くしないと生活が厳しくなる






人生というのも結局食べて 排泄して 寝て 起きての繰り返し





お金というのはその生理現象を彩るためのツールである





そしてお金があればそれらを彩るための選択肢が増える






例えばいい食材を使った料理を食べるのと ファストフードを食べるのとでは体にもたらす






影響力というのが変わってくる 世の中で一番大切なのは考え方である





そして単純に500円しか持っていないひとと 1万円もっているひととでは選べる選択肢の幅が違う




質の高い生活をおくりたくてもお金がなければ実現することは不可能であるし




必然的に質の低い生活をおくらざる負えなくなる





世の中というのは金さえあれば大抵のことは出来るし





いい食事をとり いい家に住み いい女 男と一緒になれる





だがすべてに限界というものが存在している





いかにお金にものをいわせた生活をおくっていようとお金を持っているひとというのはたくさん存在するし





上には上がいる





世の中のピラミッドはいくら登っても頂上まで行くことは不可能である





そして一段上がれば上がいて また一段上がればまた上がいる





ただ一段上がれば上がるごとにひとの数は間違いなく減る





そして世の中はお金とルール 制度で成り立っている





仮にお金というものが存在しなければ 犯罪が増加するのが目に見えているし





それこそリアル弱肉強食の世界になる




物の取り合いになるし 物質的な物を求めてひとは争いを始めるだろう




仮にルールが存在しなければ スポーツは成り立たなくなるし 




世の中の大抵のことは機能しなくなる





人は枠組みの中で生きるからこそ自由でいられる





昔と今じゃ力の示し方というのが変わってきていて





歴史を辿ると戦があって戦争があって 結局争いの繰り返しで今の世の中が出来上がってきたことがわかる






お金が存在していない時代はおそらく単純に腕力 力の強いものがピラミッドの上層に存在していたはず




そしてお金が出来てからは お金が力の証明になった





が結局それは表向きの世界で





世の中のピラミッドに居続けるということは永遠に乾きの中を彷徨うことと同じ





ルールがある時点で世の中のピラミッドがあるということ





ルールがあるからこそ競えるのだし 争いが起こる




そしてスポーツ ゲームが成り立つ




ルールがあるものすべてに頂点が存在する





だからオリンピック ワールドカップ 全国大会があるのだろう





戦争というのは大きな争いであって 小さな戦争など日常茶飯事だと思う






ルールが存在しなければ全国大会優勝 金メダリストといった肩書きはないに等しくなる





人は枠の中だからこそ輝けるのだし 威張ることができる そして力を誇示することができる






世の中お金より大事なものはないというのは表向きであって





実際はお金より強い力を持つものは考え方である






人は考え方一つで犯罪者にもなれるし 人を救うこともできる





ルールというものは表向きしか縛れない





だから裏社会というものが存在している




ルールというものはすなわち常識





世の中常識がまかり通る人間ばかりではない





だからお金がなければ盗みを働くひとがいて 気に入らない人を平気で殺すことができるひとがいる





お金というものは確かに世の中を支えているけれど





すべてを縛ることは出来ないし





それ自体では得られないものも存在する





そしてひとは考え方一つでピラミッドの頂点に君臨することも可能である





世の中一番力のあるものはお金ではなくて考えること 考え方であると僕は思っている



                                             以上




























































posted by こへちろ at 17:33| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください