2018年06月19日

63日目 自分にとって大切なものほど

 
 ひとは自分にとって大切なことほど後回しにしがち




後でやればいい その前にゲームをしてからといって先延ばしにする





そして時間が経てば経つほどその大切なものに取り掛かるのが億劫になる





で結局その大切なことに手をつけず1日を終える





夏休みの宿題なんか分かりやすい例だと思う




先に大切なこと もしくは終えなくてはならないものにとりかかれば






残った時間を好きなことに使えるのに





面倒臭がって先延ばしにしてしまう





なぜならすべてを一気に片付けようとするからだ





面倒だと感じるということは多分自分の容量を超えているのだと思う





物事は一気に解決することはできない





本当は先に延ばせば延ばすほど面倒なことになる




じゃあどうすればいいのか





それは物事を分割してみればいい





面倒だ面倒だといって先延ばしにすればするほど物事は難しくなっていく





だから毎日自分が続けられる範囲で取り組めばいい





それも自分にとって大切なこと ものであればあるほど少しづつでいいから続けること





10時間かかることを1日でおわらすのと 1日1時間 10日間かけておわらすのとではわけが違う





前者は継続を視野に入れていない 要は視野が狭い 





1日は24時間 その中の10時間をそれにあてれば 当然体力も気力も消耗する





そして他のやるべきことに支障が出るだろう





少なくとも毎日10時間というのは普通のひとでは継続するのは不可能である




しかし後者の場合他のやるべきこと または好きなことに時間も使えて





なおかつやるべきことにも手をかけられる




これこそが時間を上手に使うということである




これなら体力も気力も大きく消耗することはないだろうし





普通のひとでもやりやすいと思う





そして本来自分のやるべきこと やらなくてはいけないことというのは





面倒である






だからこそコツコツ取り組むことが大切になってくる





結局続かないものというのは自分が求めているものではないことが多い




短い時間でも毎日取り組めることこそが自分にとって大切なこと





うさぎとかめの うさぎのように一気に進んで休んでまた一気に進むのではなく





ゆっくりでもいいから進み続けることが





何かを続ける 何かを解決する そして何かを成し遂げるコツであると僕は思う



                                               以上















posted by こへちろ at 17:21| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください