2018年06月20日

64日目 心から欲しているもの

 
 何かを見た瞬間から欲しくなったことはないだろうか




大体これ欲しいなと感じた時は二択を迫られる





欲しいなと感じた今購入を決めるか なんらかの理由をつけてその場では買わないことを選択するかだ





欲しいなといっても あれも欲しい これも欲しいと しょっちゅう欲しいものができる人にはこの話はわからないと思う





僕がここで言いたいのは心から何かを欲しいと感じた時のこと





心からといっても表現がわかりにくいけれど





例えばいままで全く興味のなかったまたは全く聞いたことのなかったアーティストの曲を聴いた瞬間






何この曲 すごくいい どんなアーティストが歌っているのだろうとそれに対して興味を持つ感覚に似ているかもしれない





全く興味がなかったとしても何かをきっかけに興味を持ち始める





興味を持つということは自分が心から欲しているものに近づくことかもしれない





それがどんなものであれ 自分がいいなと思うもの 欲しいなと感じるものは大切にするべき





たとえそれに対する周りの評価がよくなかったとしても





そもそも自分と他人の感覚が同じであるはずがないのだから自分の欲求を大事にするべき





あと 欲しいなと思ったものは そう思った時に買わないと大体売り切れている





それがいままで自分が興味を持たなかったものであればあるほどその傾向がある





なぜならもともとそれに対して興味がなかった人でも 欲しいな いいなと思わせるのだから





売り切れないほうがおかしいのである





自分が買って売り切れにする可能性だってあるのだから





こころから欲しているものというのは意識すればするほどよくわからなくなる





大体ふとした瞬間 または特に欲しいものがない時にそういったものにであいやすいと思う





だからこそそのようなものにであった時に買えない 手に入れられないといったことが起きないように





普段から節約したり 貯金したりして無駄な出費を抑える





いつ来るかわからない だからこそ普段の生活 習慣がものを言うし





どうでもいいものに出費するからそういったものを欲しい時に買えなくなる





それは欲しいものだけに言えることではなく




日常生活 仕事 でのチャンスを掴むときも同じようなことが言える





そもそも普段から自分を向上させていないとチャンスがチャンスだと見分けられない





心は曖昧で 気まぐれだけど 欲求というものは本心からきているものだということを忘れてはいけない





全ての欲求に従えと言っているのではなく ふとしたときに感じた欲求ほど敏感に そして大切にするべき





そういうものほど掴めるチャンスが少ないし 下手すればその感じたとき一回きりということもあるのだから






だからこそ普段からある程度欲求を抑えるべきであると僕は考えている






                                                以上

















posted by こへちろ at 18:02| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください