2018年06月24日

68日目 見えざるもの


 僕は目に見えるものよりも目に見えないものの方により恐怖を抱く
直接何かを言われることよりも、影でコソコソ言われることの方がよっぽど傷つく
人には想像力という能力が備わっている
実際に存在していないものを存在していると錯覚できる
それが想像力というもの
この能力を駆使すれば人生を充実させることもできるし逆に人生をどん底に突き落とすこともできる
好んでどん底に落ちたいという人はいないだろうけれど
要は取り返しのつかないことにもなりかねないということ
世の中には犯罪を起こしても一切悪びれないひとも存在する
そのようなひとは想像力の力を使って世の中のルールを自分のルールに上書きしている
上書きすること自体は悪いことではないがそれによって誰かを傷つけることことこそが
世の中の悪いことに当てはまるのだと思う
犯罪の定義というのも曖昧ではある
細分化すればいじめだって陰口だって直接的な要因がなくても誰かを傷つけることは誰にでもあること
要は悪いことというのはその起こしたことに対してそれは悪いことだと感じるひとが多ければ多いほど
それは悪いことになる
逆にそれは大したことじゃないのでは 別に悪いことではないでしょと思うひとが多ければ多いほど
それは悪いことではなくなるということ
世の中というのはそういうものだと僕は思っている
表向きの世界は多数決の原理が働いていた 
だが近年いろいろな生き方 働き方が増えてきてかならずしもこうしなくてはいけないというものが
なくなってきている
それは同時に多数決で2択を迫られるのではなく3択も4択も選択肢を選べるようになってきたということ
見えざるものというのはかならず自分の中に存在していて目に見えるものではない
だからこそこれからは自分で考え 自分で判断することがより大切になってくる
多種多様なものが受け入れられることはいいことだが
同時にそれによって犯罪が犯罪で無くなるという日が来るかもしれないということも考えられる
ということを忘れてはいけない





 
 
posted by こへちろ at 19:58| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください