2018年06月23日

67日目 親という存在

  
 親という存在 それは自分という存在を産み 育ててくれた人




だがしかし子供は親を選ぶことはできない





子供という存在は環境によって 親次第でいかようにも育つ





そして子供は育った環境で特に不足していたものを求めるようになる




それが親の愛情ならば 愛情を 貧乏であったのならお金を





家庭環境は人によって違うし 親の教育の仕方も異なる




そんな中で子供は育ってゆく




子供を産むということは性交をするということ





子供が欲しかろうが欲しくなかろうが





その行為をすることによって妊娠する可能性がつきまとう





子供が欲しいのに妊娠しない 子供が欲しくないのに妊娠した





理由がどうであれこの世に生まれたからには死を待たなければならない




子供には大きく分けてふた通りの育ち方がある





一つ目は親のようになりたいと思って 親を敬いながら育ってゆく生き方





2つ目は親のようになりたくないと思い 親を反面教師にしながら育ってゆく生き方





どちらにせよ親は良くも悪くも子供の参考になる




親のようにはなりたくないと思えば思うほど親と同じような道を歩むようになる





なぜならそう思わせる原因を作ったのが自分の親だからである





自分の親にも親という存在があったことを忘れてはいけない





親のようになりたくはないではなく




自分はどうなりたいのか 





そこをはっきりさせるべき






親がどうのこうのではなく






自分がどうありたいか それが子供に与えられた健全な選択肢の一つであると僕は思う





そして親というのは家系の代表者である





親に家系の全てが詰まっていると考えていい




親というものは家系の悪しき風習を一つでも無くすことが使命だと思うし





良い風習を一つでも作り出すことが親の役割だと思う





子供は親を選べないけれど生き方は選べる






親とは家系の歴史でしかない





そしてそれはかならずしも継がなければならないわけでもない





親という存在は言うなれば自分より先に生まれた存在にすぎない





本当のことを言えばただそれだけの存在





だから親はかならずしも偉いわけではない





そして敬わなくてはいけない存在でもない





一つだけ言えるとすれば親の元を離れることこそが唯一の自由を手にいれる方法であると僕は思う




                                                     以上























posted by こへちろ at 21:06| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

66日目 だんだんと

 
 仕事を始めて2ヶ月と半分が過ぎた





最初は1日2〜3時間だった勤務時間も日に日に増していき今では1日7〜8時間にまで増えた






正直うちの会社はブラックに近い





今日まで働いて休みが1日しかなかった





1日7〜8時間働いて 土日も出勤




そんな毎日を送っていたら不思議なことに幻聴がなくなってしまった





と言いたいところだがただ単に気にならなくなった





今では自分が統合失調症であることに疑問を抱いてるくらいだ




統合失調症は完治はしないというけれどそもそも病気ではなく






統合失調症というのはその人の性質だと僕は思っている





統合失調症の人は薬を飲む人が大半だと思う





それは症状を軽くしたり 抑えたりするためで 完治させるためではない





そもそも症状というのは普通の人にとってはおかしいから症状として成り立つわけで




案外当事者にとっては普通のことだったりする





精神科の薬は例えるならばカレーライスが好きな人にカレーライスを好きではなくさせる薬を飲ませるようなもの





意味があるのか 効果があるのかどうかはわからないけれど






特別薬を飲んで何かが変わるわけでもないと僕は思う





僕にとっては社会に出ることが一番の薬になった




そして入院し病気と診断された経験があったからいまこうして働けているのだと思う




稼いだお金を好きなものに使えるのも大きい




けやきの『走り出す瞬間』も購入できたし 出水ぽすかさんの画集『pone』も購入できた




まだ4月分の給料しかいただいていないので無駄使いはできないけれど






5月は休みが1日しかなかったのと毎日平均7時間は働いていたのである程度まとまったお金が入ると思う





5月分の給料で僕は液タブを買うと決めている





8万はするけれどワコムの液タブにする予定





購入したらその時に報告はするけれど





それで描いた作品もブログに載せようと思う





だんだんと自分の描いている理想に近づいている





少しづつだけれど着実に進んでいる実感があるし





精神的な余裕を持てるようにもなった




もう過去には戻りたくはないし 同じことを繰り返したくもない






だから僕は少しずつ そして着実に前へ進み続ける





                                        以上

















posted by こへちろ at 17:32| Comment(0) | 統合失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

65日目 けやき坂46(ひらがなけやき)


 昨日(2018年6月20日)けやき坂46の1stアルバム『走り出す瞬間』の初回限定版Type-Aを購入した




僕は乃木坂46が好きだったのだけれど最近はけやき坂(ひらがなけやき)にも興味を持ち始めた





ひらがなではない欅坂46(漢字)の曲も良く聞く




一番好きな曲は『エキセントリック』 





欅坂46の中で推しを一人挙げるとするならば2017年9月までひらがなと漢字を兼任していた長濱ねるさん





正直渡辺梨加さんも推したいけれどどちらかと言われれば長濱ねるさん





けやき坂46のアルバム『走り出す瞬間』type-aとtype-bどちらにしようか迷ったのだけれど





『わずかな光』という曲の収録されているtype-aを選んだ





この曲は聴いた瞬間好きになった 恋愛でいうならば一目惚れという表現が好ましい




メロディーも歌詞も僕好みの曲





どんな曲かはここでは書かないので





どんな曲か興味を持ったひとは実際に聞いてみて欲しい




ひらがなけやきが発足したのは2015年11月 





僕自身彼女たちの存在を知ったのは3日前の2018年6月18日






それまでは漢字欅とひらがなけやきが一緒のグループだと思っていたのでひらがなけやきという存在を知らなかった





もちろん長濱ねるさんが兼任していたことも






ひらがなけやきは漢字欅とは違いかっこよさ クールさは感じられないけれど





なぜか不思議と人を引き寄せるような雰囲気を持っている気がする





だいたい僕は曲のイントロダクションを聴いて好みか好みじゃないかを判断する





『走り出す瞬間』に収録されている曲は全ていい曲だと感じた





その中でもやはり『わずかな光』『約束の卵』『未熟な怒り』『ハロウィンのかぼちゃが割れた』はずば抜けている




type-bに収録されている曲は聴いていないのでなんとも言えないけれどおそらくいい曲が盛り沢山だと思う





メンバーについては一期生11名 2期生9名と坂道グループの中では少なめ





ひらがなけやきで見た感じ存在感を放っているのが佐々木美玲さん





雰囲気からしてグループの中では別格だと思う





ひらがなけやきでは斎藤京子さん推し





飾らない雰囲気と素晴らしい声が印象的






そのほかにも高本彩花さん 井口眞緒さんは人気があると思う




とはいえどのメンバーもいい顔していると感じた





そしてこのグループを言葉で表現するなら『不思議』




僕はアイドルは坂道グループにしか興味はないのでなんとも言えないけれど




いい意味でアイドルらしくない




坂道グループ全体に言えることだけれど媚びてる感じがないところが人を惹きつける要因の一つであると思う




ひらがなけやきはまだ発足して2年足らずだけれども




この先が楽しみなグループだし




これからどんどん成長して今以上に人気が出ていくはず




素直に公演に参加してみたいと思ったのはひらがなけやきが初めて





ひらがなけやきという存在を知れてよかった





そしてこれからも応援していきたいと思う






                                      以上

























 

















posted by こへちろ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする